アルコール依存症 治療

アルコール依存症の治療を精神科で受けるのはなぜか?

アルコール依存症の専門治療は精神科で行います。
その理由とは何でしょうか?

 

「アルコール依存症なんて、ただの飲みすぎだからお酒をやめて薬を飲んでれば治るよ」
などと、簡単に考えて、きちんと治療しない方が多いです。

 

アルコール依存症患者の専門治療は、「専門治療プログラム」のある精神科の病院や精神科外来で行うのですが、
その事を知ると、「えっ!なんで精神科なの?」ととてもビックリするのです。

 

精神科というのは統合失調症(旧精神分裂病)やうつ神経症などの患者が行くところという決め付けを持っているせいか
アルコール依存症が疑われるような症状でも、受診、治療に踏み切れなかったり途中でやめてしまう人がいます。

 

ご家族の方がアルコール依存症の疑いがある方でも、
「一時的にアルコールの影響が出ただけで、心の病気なんかじゃない」
などと考えて精神科に対して抵抗感を持つ場合もあります。

 

しかし、大量の飲酒は体に害を与え神経をも侵し、理性や判断力を奪います。
重度のアルコール依存症患者は、離脱症状で強い幻視や幻聴に苦しんだり興奮状態に陥ることもあります。

 

何より、悪化したアルコール依存症は心の病気なのです。

 

ですから大切なご家族を救うためには精神医学的な判断と対応をもとにした治療がどうしても必要となります。
依存性の強い覚醒剤や麻薬の依存症患者の治療も同じ理由から精神科で行われます。

 

なお、現在ではアルコール依存症患者を診療するのは精神科医であり、
さらにアルコール依存症治療の専門研修を受けた専門医というのが普通です。