アルコール依存症 治療

あなたのご家族にアルコール依存症の疑いがある場合、
少しでも早く、専門的な治療を始める必要性があります。

 

ご家族のどなたかがお酒で体を悪くしたということをあなたは頭ではよく分かっていると思います。
しかし、まさかアルコール依存症だとは考えていない・・・。

 

もしくは薄々気づいていながらも、大切な家族がアルコール依存症だと認めたくないということはありませんか?

 

一般病院の入院者の実に2割以上がアルコール依存症、もくは、その予備軍であるという統計結果もあります。

 

しかし、入院先で「アルコール依存症です」という診断が出てもすぐに専門的な治療を始める方はとても少ないのが現状です。
実際にアルコール依存症の治療を受けた患者の経緯を見てみるとその77%が最初の一般病院での入院時にアルコール依存症の症状を出しています。

 

それなのに専門病院での治療に行き着くまでに平均7.4年もかかっています。
あなた自身も「私の父が(または主人が)アルコール依存症であるわけがない・・・」
という否認を打ち破る必要があります。
しかし考え方を変えるのはかなりの時間がかかります。

 

その間にアルコール依存症が専門ではない医師が節酒指導だけを行ったり
結果が良くなれば節酒でもいいという条件付きの断酒指導で入退院を繰り返すと
あなたのご家族の依存症治療の開始を遅らせてしまうのです。

 

このことからもお分かりのように飲酒が原因で内科を受診した時に問題飲酒を指摘された場合は、
できるだけ早くアルコール依存症の専門外来も受診させるということが重要になります。

 

アルコール依存症と治療のつながりをみると、早い段階で専門治療に入っても断酒に失敗することがあります。

 

「ゴール」に来たらそれでおしまい、のすごろくゲームでは無く
「ゴール」の状態を持続していかないと無意味なのです。