アルコール依存症 治療

アルコール依存症の治療

アルコール依存症は否認の病気といわれます。
否認を繰り返すうちに治療まで何年もかかり、 結果、寿命を縮めてしまうというケースが多々あります。

 

このサイトでは、専門的なアルコール依存症 治療を早く始めなければならない理由や、
その際の専門治療機関の選び方などについてお話していきます。

 

アルコール依存症は病気として対応しましょう。

家族の中にアルコール依存症者がいる場合
「アルコールがこの人の意志を奪っているんだ。全ては病気のせいだ。」と
まずは家族側が考えを改める必要があります。

 

家族の忠告や脅しにも耳を貸さず、違うと言い続け飲酒に走ってしまうアルコール依存症の本人に偏見を持って対応することは厳禁です。
「意志が弱くて、もうどんな対応も効き目が無い。いっそいなくなってくれたら・・・」などと投げやりになってしまったらおしまいです。